カペラ・アカデミカのプロフィール

 

(2009年4月11日(土)第39回定期演奏会)

 

(2000年9月17日(日)第32回定期演奏会)

カペラ・アカデミカ(Cappella Accademica)は、イタリア語で『教会所属の音楽院』ほどの意味で、古典音楽研究会の合唱団と共にバッハのカンタータ、オラトリオ、受難曲などを可能な限り原曲を忠実に演奏することを目的として、浜松と豊橋在住の専門家、アマチュアにより結成された室内合奏団で、今は亡きバッロク音楽の大家で皇太子殿下が師事された故浜田徳昭先生によりカペラ・アカデミカと命名され昭和49年(1974年)9月2日に誕生しました。

今までに合唱団と共に、

 

      1974年 バッハ:『カンタータBWV140』『マニフィカートBWV243』

 1975年 バッハ:『カンタータBWV21』『復活祭オラトリオ』『ヴァイオリン協奏曲ホ長調』

     1975年 バッハ:『マタイ受難曲』全曲公演

1976年 バッハ:『ロ短調ミサ曲』

1977年 バッハ:『ヨハネ受難曲』

1978年 モーツァルト: 『レクイエム』『教会ソナタ』『ヴァイオリン協奏曲第3番』

1979年 バッハ: 『カンタータBWV4』『カンタータBWV182』『カンタータBWV140』

 

等を演奏、それぞれ絶賛を博しました。

その後、合奏団独自の定期演奏会を開催し最近では、

 

1994年 ヴィヴァルディ:『ヴァイオリン協奏曲 ト短調 作品12の1』『フルート協奏曲 夜』

モーツァルト:『ピアノと管弦楽のためのロンド ニ長調 K219』

『ヴァイオリン協奏曲 第5番』『交響曲第13番』

1994年 ヴィヴァルディ:『ヴァイオリン協奏曲第8番イ短調作品3の8』

『フルート協奏曲第3番』

      マンフレディーニ、トレッリ、コレッリ:『クリスマス協奏曲』      

1995年 テレマン:『トランペット協奏曲 ニ長調』

       ハイドン:『ヴァイオリン協奏曲 第4番』

       チマローザ:『2つのフルートのための協奏曲』

       モーツァルト:『交響曲第29番 イ長調 K.201』

1995年 ヴィヴァルディ:『アルトリコーダ協奏曲イ短調』『ファゴット協奏曲 イ短調』

          『2つのフルートのための協奏曲 ハ長調』『四季全曲』

    

        ・    

    ・

1996年 ヘンデル:『合奏協奏曲アレキサンダーの饗宴』『オルガン協奏曲4−2,4−5』

バッハ:『2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調』

   『管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067

モーツァルト: 『ミサ曲 ハ短調 K.427』

 

1997年 ヴィヴァルディ:『合奏協奏曲 3−11』

ボッケリーニ:『5重奏曲』

ヴィヴァルディ:『ヴァイオリン協奏曲 6−1』

ハイドン:『ピアノ協奏曲 Hob.18−11』

バッハ:『管弦楽組曲 第1番』

2000年 バッハ 『2台のチェンバロのための協奏曲 第2番 C-Dur BWV 1061

クヴァンツ 『フルート協奏曲 G-Dur

シュターミッツ3つのマンハイム交響曲

モーツァルト 『クラリネット協奏曲 A-Dur KV622

2014年 パッヘルベル:3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノン

アルビノーニ:弦楽とオルガのためのアダージョ ト短調

アルビノーニ:弦楽のためのシンフォニア ト短調

ヴィヴァルディ:弦楽のためにの協奏曲 ニ長調 RV.121

テレマン:弦楽のための小組曲『ラ・リラ』

シュターミッツ:オーケストラ・クワルテット ハ長調

カペラ・アカデミカ第45回定期演奏会プログラム

2015年 パーセル:アブデラザール組曲(ムーア人の復讐)

ルクレール:ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 Op.7 No.3

チマローザ:2本のフルートの為の協奏曲 ト長調

ハイドン:交響曲第1番 ニ長調 Hob. Tー1

モーツァルト:交響曲第37番 ト長調 K.444

カペラ・アカデミカ第46回定期演奏会プログラム

 

等古典派及び、ヴィヴァルディ、コレッリ、バッハ、ヘンデルを中心としたバロック器楽曲及び作曲家の作品にも意欲的に取り組み、室内アンサンブル本来の楽しみであるインティメイトな世界を創りあげることを目標としています。


ホーム

演奏会のご案内

  録音ライブラリー